町田市社会福祉協議会 ここなび

2018年06月

今月の特集

ボランティアって?

東京オリンピックや災害時などのボランティアという言葉を良く耳にしますが「ボランティア活動」と聞くと、どんなイメージを持ちますか?

“ボランティア”の語源はラテン語のボランタール(自由・正義・勇気)からきています。

日本においてのボランティアは1995年1月17日・「阪神淡路大震災」が起こり、様々な援助活動が行われました。

「何かしてあげたい」「何かしなくては」という思いから、全国から惨事(さんじ)を知った人々がボランティア活動に駆けつけました。
震災以前にはボランティア活動をしたことがない人たちがほとんどでした。
知識や技術のない多くの人々が、「なにかしなければ・・・」と思う気持ちがボランティア活動に繋がったといえます。

最初の1ヶ月は1日2万人、2ヶ月で延べ100万人以上のボランティアが活動しました。
このようなことから、この年のことを『ボランティア元年』と呼んでいます。

ボランティア活動は、子どもも高齢者も障がい者もが、ともに生き、ともに学び、ともに育ち、ともに暮らしていくために「何かをやりたい!」と思うことを主体的に行う活動になり、「自分のできることを行い、自分自身を向上させる」という考え方になってきました。

ボランティア活動で大切なことは人間関係を大切にすることです。
他から強制されたり義務として行う事ではなく、自分の意思で行う活動です。
そして誰もがいきいきと豊かに暮らしていけるように、互いに支え合い、学び合う活動です。
金銭的な報酬(ほうしゅう)を期待して行う活動ではありません。しかし、お金では得られない出会いや発見、感動、喜びを得ることができます。

活動を始める前には、次のようなことに注意しましょう。

ボランティア活動に参加したいと思ったら、「ボランティアセンター」というところにいってみましょう。
町田市では社会福祉協議会 町田ボランティアセンターが有ります。
https://www.machida-shakyo.or.jp
/jigyo/volunteer/j5-mokuji.html

中高生に向けて夏休みの体験ボランティアの情報も有りますので参考にしてみてください。

また、東京都教育委員会でも小中高生向けのボランティアの情報も有りますので、こちらも参考にしてみてください。
https://www.o.p.edu.metro.tokyo.jp
/volunteer/index

今年の夏休み ボランティア活動に参加してみませんか。

問い合わせ  町田ボランティアセンター  電話 725-4465