あいちゃんのイラスト
shakyo-logo
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

mark1交通アクセス

地域ふれあいフェスタ

~バリアフリースポーツ「ボッチャ」にトライ~ がにぎやかに行われました!

2月5日(日)の午後、町田市教育センター体育館で、パラリンピックの正式種目でもあるボッチャ大会を開催しました。この大会は、日ごろなかなか出会うことのない地域の人たちが、ボッチャを通して楽しい時間を過ごすことで、いろんな人とのつながりづくりの機会としてもらうことを目的としています。

この日、会場に集まったのは小さな子どもから障がいのある方、シニアの方まで約100人。

主催は、町田ボランティアセンター運営委員と桜美林大学・法政大学学生からなる実行委員会で、当日は、家政学院、中央、大妻女子などの各大学からも学生が応援に駆けつけてくれました。

チームは障がいのある方の通所施設、境川元気クラブ、チームヤキイモ、ユニークダンスやハンディキャブ友の会と個人参加混合チームなど8チーム、総当たり戦です。各チームに大学生がお世話役としてつき、「ボッチャ」のルールやゲームのやり方を説明した後、いよいよ試合がスタート!参加者の皆さんの真剣なまなざしとパフォーマンスに、見ている方も思わず力が入って、白いボールに最接近すると歓声があがり、相手にはじかれるとため息が・・。

決戦は中学生のいる混合チームとチームヤキイモの対決となり、熱戦の末、勝利をつかんだのはチームヤキイモでした。

次回、今回参加された方はリベンジを。初めての方の参加もぜひお待ちしています。

ボッチャ大会1

ボッチャ大会2