あいちゃんのイラスト
shakyo-logo
 誰もが安心して、しあわせに暮らせるまちづくりをめざして

 

平成29年度助成金情報

8件

1
事業名公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団助成事業
団体名一般財団法人 東京馬主協会
締め切り5月31日 (社会福祉協議会の推薦状が必要な場合は5月22日(月)までに申し出てください)
助成対象分野社会福祉に関する民間の事業
助成内容①車両
②什器備品
③その他(修繕工事など)
総事業費の75%以内。上限額は①車両については200万円、②什器備品については150万円を原則とする。なお③その他(修繕工事など)については内容を勘案して助成額を決めることとする。
助成対象者社会福祉法人、NPO法人(主に障害者関係)、共同作業所(但し、当該地域の社会福祉協議会が申請、管理)
HPの有無
2
事業名平成29年度助成
団体名社会福祉法人 木下財団
締め切り5月31日
助成対象分野NPO法人、ボランティア団体など非営利活動を行う団体
助成内容生産性向上および環境整備のための設備・機器・備品等の購入または改修等の工事
1件につき最高30万円
助成対象者障がい 児・者 (身体、知的精神 )の ため小規模作業所や授産施設、 地域活動支援 、グループホム、 自立生活支援 、就労 継続支援
HPの有無
3
事業名第53回(2017年度)研究助成募集のご案内
団体名公益財団法人  明治安田こころの健康財団
締め切り2017年4月22日(土)
助成対象分野国民の皆様の精神保健分野での健康の増進に寄与することを通じて、社会に貢献することを目的とした助成
助成内容① 合計20件を限度とする
② 1件につき50万円を限度とする
助成対象者
a)研究分野
① 心理学・医学的研究
② 社会学・社会福祉学的研究
b)研究領域
① 子ども(乳幼児期から思春期・青年期まで)に関する精神保健・福祉の領域
② 家族・家庭の問題に関する精神保健・福祉の領域
③ 高齢者に関する精神保健・福祉の領域
HPの有無
4
事業名平成29年度キリン・子供「力(ちから)」応援事業
団体名公益財団法人 キリン福祉財団
締め切り平成29年4月28日(金)
助成対象分野子どもたち自らの力を引き出すことを目的に、子どもたちの発想から生まれ、子どもたちが主体となって地域で実施している活動への助成
助成内容・1件(1団体)あたりの上限額15万円(総額400万円)
・15万円以内の申請であっても審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合がありますのでご了承ください。
・助成金については、平成29年7月末までに全額を一括でお支払いいたします。
・申請された活動に対しての自己資金の有無は問いません。
助成対象者18歳以下のメンバーが中心となって活動する4人以上のグループ (既にあるグループでも、今回の計画のために新たに結成するグループでも構いません。)
HPの有無
5
事業名2017年度 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン
団体名公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス財団助成事業
締め切り5月31日
助成対象分野難病児およびその家族を支援する福祉、医療分野におけるボランティア団体への助成
助成内容総額200万円(7月下旬に交付)
助成対象者・0歳~21歳までの子どもの健康や福祉を直接改善するプログラム
・多くの子ども達を支援する見込みがあるプログラム
・必要性が高く目的が明確なプログラム
・団体の運営費や管理費(給与や交通費を含む)以外の使用用途
上記全てを満たしていることが条件となります
HPの有無
6
事業名2017年度ニッセイ財団 高齢社会助成公募のご案内
団体名公益財団法人 日本生命財団
締め切りⅠ 2017年5月31日(水)
Ⅱ 2017年6月15日(木)
助成対象分野「共に生きる地域づくり」を基本テーマに、下記募集を行っています。
Ⅰ 「地域チャレンジ活動助成」
Ⅱ 「実践的研究助成」(「実践的課題研究助成」、「若手実践的課題研究助成」)
助成内容Ⅰ 最大400万(1年最大200万)
Ⅱ 実践的研究:最大400万(1年最大200万)
  若手実践的課題研究:総額472万(1件最大100万)
助成対象者Ⅰ 助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協働しで活動していく団体。法人格の有無は問わない
Ⅱ 「実践的課題研究助成」研究者または実践家
 「若手実践的課題研究助成」実践的研究をしている45才未満の研究者または実践家
HPの有無
7
事業名
①平成29年度「ボランティア活動助成」
Ⅰ「シニアボランティア活動助成」
Ⅱ「ビジネスパーソンボランティア活動助成」
②平成29年度「地域保健福祉研究助成」
団体名公益財団法人 大同生命厚生事業団
締め切りいずれも平成29年5月25日(木)まで(当日消印有効)
助成対象分野
①-Ⅰ、Ⅱ
1.高齢者福祉に関するボランティア活動
2.障がい者福祉に関するボランティア活動
3.こども(高校生まで)の健全な心を育てる交流ボランティア活動で、内容が先駆性、継続性、発展性があり、効果が予測できるもの。ただし、少年野球・サッカー等のスポーツ活動や通常のこども会活動は除く。
 いずれも目的、計画等が明確な日本国内での無償の活動とする。
1.地域保健および福祉に関する研究
2.在宅・施設の医療、福祉および介護に関する研究
3.その他住民の健康増進に役立つ研究
 営利を目的とする研究は対象外です。
助成内容
①-Ⅰ 総額 ビジネスパーソンボランティア活動助成と合わせて原則800万円以内
1件 原則10万円。特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。 直接ボランティア活動に要する費用とし、シンポジウムや講演会開催、グループの事務所家賃、パソコンの購入費用、ボランティアグループのためのセミナー・講習会の開催等の費用は助成の対象としない。
①-Ⅱ 総額 シニアボランティア活動助成と合わせて原則800万円以内
1件 原則10万円。 特に内容が優れている場合は20万円限度で助成。 直接ボランティア活動に要する費用とし、シンポジウムや講演会開催、グループの事務所家賃、パソコンの購入費用、ボランティアグループのためのセミナー・講習会の開催等の費用は助成の対象としない。
② 総額 1,200万円以内
1件 原則30万円。特に優秀な研究については50万円限度で助成。 直接研究に要する費用とし、パソコンの購入費用、学会参加費用などは助成の対象としない。
助成対象者
①-Ⅰ シニアボランティア活動助成
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするシニア(年齢満60歳以上)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。
①-Ⅱ ビジネスパーソンボランティア活動助成
社会福祉の推進に役立つボランティア活動を行っているか、または行おうとするビジネスパーソン(会社員、団体職員、公務員、経営者・個人事業主)が80%以上のグループ(NPO法人を含む)。
②地域保健福祉研究助成
・保健所、衛生研究所等衛生関係機関に所属する職員。
・都道府県市町村の衛生及び福祉関係職員。
・保健・医療・福祉実務従事者。
上記応募資格者による共同研究も可。大学病院の職員は応募対象者に含む。ただし、大学の教職員・大学院生の単独研究または主研究者となる研究は不可。また、前年度に当財団の助成を受けた人(共同研究者)は除く。
HPの有無
8
事業名子育てと仕事の両立支援に対する助成活動
団体名一般財団法人 生命保険協会
締め切り平成29年6月30日(金)
助成対象分野子どもたち自らの力を引き出すことを目的に、子どもたちの発想から生まれ、子どもたちが主体となって地域で実施している活動への助成
助成内容(1)一施設当たり上限額35万円(助成金総額 最大700万円)
(2)一施設当たり上限額20万円(助成金総額 最大700万円)
助成対象者(1)以下のすべての条件を満たす事業者
 ①社会福祉法人・株式会社・特定非営利法人等の法人格を有していること。
 ②以下のいずれかの施設を運営していること
 a.認可保育所
 b.地域型保育給付の対象となっている小規模保育施設
 c.地域型保育給付の対象となっている事業所内保育施設
 d.地域型保育給付の対象となっている家庭的保育施設
 e.「認可外保育施設指導監督基準」に基づく保育施設
 ③休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり保育事業等を実施していること
 ※いずれかの事業実施で応募可
 ※新たにいずれかの事業を実施する場合、平成30年4月30日までに実施すること
(2)以下の条件を満たす事業者(法人格の有無を問わない(父母会・地域運営委員会等を含む))
 「放課後児童健全育成事業実施要綱」に基づき、市町村からの委託事業・補助事業代行事業(指定管理者制度)等の事業形態をとっており、行政からの補助を得て、放課後児童クラブの運営を行っていること
HPの有無